未分類

【進撃のFX主催】ひよっこFX初心者のためのセミナー〜2回目開催

2回目のFX初心者セミナーが開催されたので、
その内容をシェアします😌

今回は初心者向けの手法について教えて頂きました。

みんな前回よりレベルアップしましたよ〜!✨

前回セミナー内容の復習

前回セミナー内容をざっくり確認すると・・

  • pips(ぴぷす)は為替業界の世界共通レート単位のこと
  • 為替チャートは6ケタで表記することが基本
  • 日本の証券会社の場合は、1万通貨を1ロットとして取引をしている
  • 1ロット(45000円) 0.1pips動くと  10円の損益

FXの取引で必ず出てくるpips(ぴぷす)について理解できていればOK!!

FXの為替レートを読み解く基礎 ロット・レバレッジ・pipsとは?今回は、FXの為替レートを読み解く基礎 FXで使われる名称 【ロット・レバレッジ・pips】というレートについてを学びましょう🐥 ...

逆指値注文と指値注文

新しくお勉強したのはココから🐥✨

ここでは、損切りと利確を自動決済する注文方法を学びましょう。

【逆指値(ぎゃくさしね)とは、

予想とは逆方向に相場が動いた時の損切り注文には欠かせない方法。
「リスクはここまで」と負けを前もって注文しておく。

👉逆指値は、リスク管理のために覚えておきたい注文方法!

【指値注文(さしね)とは、

逆指値の逆で、安くなったら買いたい・高くなったら売りたいという注文方法。

👉指値注文は、プロはほぼ使わないそう。

OCO注文

【OCO(オーシーオー)注文】とは、

「損切りと利確」の両方の注文を同時に入れられる注文方法。

(例)100円で買った米ドルに対し、
「101円になったら利確・99円になったら損切り」という2つの注文を出すことができる。どちらか先に実現した方が実行される。

FXのプロトレーダー達は、逆指値注文とoco注文を使っているみたいだよ!

レートの変化はなぜ起きるの?

FXのチャートには、買いたい人と売りたい人のバランスが表現されています。

ドル欲しい〜😘!▶▶ドルの価値が上がる

ドルいらなーい😗▶▶ドルの価値が下がる

景気・国際会議・天災・金融政策・要人発・テロ・戦争などなど
様々な要因で変動しています。

基本的には、その国の通貨に人気が出れば買われて上昇し、不人気になれば売られて下落すると覚えておきましょう!

為替相場は大きく3種類に分けられる

  1. アップトレンド
  2. ダウントレンド
  3. レンジ相場

為替相場は、この3つに分けられます。

私たちが狙うのは🔰🐣

アップトレンド【上に上がる動き】・・・ロングといいます

ダウントレンド【下に下がる動き】・・・ショートといいます

レンジ相場【同じ動き】(引き分け相場)ここは戦ってはダメ🙇

ここから重要だよーーー!!

わたしたち初心者が今回覚えることは、
写真のように、「レンジ相場から転換(レンジブレイク)した時にエントリーする」
ということ。

まずはレンジを見抜いて、レンジの後にロング(上がる)かショート(下がるか)を判断する

レンジ相場で、「エントリーポイントがくるかな🤔」と冷静に見守ることがポイント

その後先生から、レンジブレイクがおきましたと教えて頂いた実際のチャート画面。

これだけを見ていると簡単そうに見えますね👏

まとめ

今回は、FXの手法について少しだけ勉強しました。

先生曰く、なぜかレンジ相場【うねうねしている同じ動き(引き分け相場)】でエントリーしている人が多いそう。

ちゃんと見たら分かりそうだけど・・みんなが惑わされるってことは、きっと難しいってことだよね🙈

つべこべ言わず、わたしも毎日チャートを見てエントリーしてみようと思います。

みんなもたくさんチャートを見てみよう〜!✨

続く